Nail beginner's

 

HOME
歴史
豆知識
爪の形
爪のトラブル
種類
サロンメニュー
ジェルネイル
Q&A

ネイルのあれこれ

ネイルサロンとは


プロのネイリストによるサービスを、お客様に提供する場所、それがネイルサロンです。

プロならではの高い技術で、人口爪を使ったアートを施してくれる場所

ここ一番で、自分では出来ないオシャレをプロにやってもらう場所

そんなイメージが一般的なネイルサロンかと思いますが、ネイルサロンの役割は、実はそれだけではありません。美容院や、エステに通うのと同じように、定期的なネイルケアを受けることで、自分の爪のコンディションを良好に保つことが出来ます。また、『家庭での日常的なケアの方法』、『自爪の悩み・トラブルの解消法』などを相談できる場所でもあります。

ネイルスクールとは

ネイルケア、ネイルアートの技術を教えてもらえる場所、それがネイルスクールです。自分でネイルアートが作れるようになる事、日常的に自分でもっとネイルアートを楽しむ事を目的としたネイルスクールから、プロのネイリストを目指す人のために専門的な教育を行うネイルスクールと、レベルは様々のようです。

昨今の急激なネイルアート普及に伴い、ネイルスクールもまた急増しています。それによって、 プロ・コースを設けているネイルスクールのなかにも、『良いネイルスクール』と、『悪いネイルスクール』があるので注意が必要です。プロを目指すなら、授業料が安いからだけではなく、納得行くまでいろいろなネイルスクールに足を運び、自分の目で選びましょう!

授業内容
講師のレベル
授業の方式(マンツーマン、グループなど)
卒業後のアフターフォロー(就職サポート、講義が受けられる、など)

ネイリストには、日本ネイリスト協会による認定試験があり、同協会による認定講師制度があります。ネイルスクールにも、認定講師がいるスクールと、いないスクールがありますし、認定講師の直接指導が受けられるネイルスクールと、そうでないスクールとがあります。

ネイルアートとは
ネイルにいろいろな飾りつけを施すこと、それがネイルアートです。近年の急速な普及に伴い、ネイルアートの技術はめまぐるしく進化しています。
マニュキュアで自爪やチップに凝ったペイントを施す、従来のネイルアートだけではなく、『ラインストーン』や『ピアス』、『花や蝶・動物』などをモチーフにしたものや、『リボン』など 3Dと呼ばれるパーツを使用した立体的なネイルアートや、チップを貼るのではなく、合成樹脂を使用して自爪に合わせて自在に作れる『人口爪(スカルプチュアやジェルネイル)』などが新しいネイルアートとして一般化しています。

check

最終更新日:2017/3/31


copy