Nail beginner's

 

HOME
歴史
豆知識
爪の形
爪のトラブル
種類
サロンメニュー
ジェルネイル
Q&A

爪の病気とトラブル

ささくれ
ささくれはネイル周辺の皮膚の乾燥により出来てしまいます。キューティクルオイルを塗って潤いを与えてあげましょう。ささくれになった箇所はニッパーで根元からカットします。決してささくれをめくり上げてちぎる様なことはしないこと。細菌感染の原因となってしまいます。
爪白癬  
爪白癬 「そうはくせん」と読みます。爪の水虫です。ネイルの表面が白くにごっている場合はこの可能性があります。放っておくと全ての指に感染してしまいます。ネイルケアやアートはせずに、皮膚科で医師に相談しましょう。
スジ爪
縦にスジが出来てしまう場合は、乾燥や加齢が原因です。(大人の爪は縦にスジが入るのは普通のことです。加齢とともにスジが増えます)また横へのスジはストレスや栄養不足が原因といわれています。無理なダイエットをしたために爪の表面が凸凹になってしまったケースもあります。規則正しい生活、食事に気をつかいましょう。スジはバッファーで軽く磨けばなめらかになります。
咬爪症(噛爪)
咬爪症(噛爪)「こうそうしょう(かみづめ)」と読みます。オニコフェイジーともよばれています。
その名の通り噛みすぎにより、カタチが変形してしまった爪のことを言います。爪の組織を傷つけてしまうのでささくれや、細菌感染の原因となります。
癖となってしまっている方、ネイルの表面にクリームを塗れば苦味で噛みたくなくなるので効果的です。スカルプチャー(つけ爪)をつけ、変形してしまった自爪を伸ばしなおるまでケアしましょう。
陥入爪
陥入爪 「かんにゅうそう」と読みます。
巻き爪のことです。足の爪によくみられます。
小さい靴を履いて足を圧迫してしまうことや、誤ったファイル、深爪、肥満により足の指に体重がかかり過ぎてしまうことなどが原因です。
そこまで食い込んでいない場合は、爪の角を丸くしてあげます。爪が深く食い込み化膿してしまっている場合は、自分でケアせず、皮膚科で受診しましょう。
爪甲剥離症
爪甲剥離症 「そうこうはくりしょう」と読みます。
爪が黄色くなり先から中心にかけて皮膚から離れてしまう症状です。
中高年の方に多くみられます。
刺激の強い洗剤などの化学薬品の使用や真菌(カビ、白癬、カンジタ)が原因となることがあります。
必ず皮膚科で受診しましょう。
爪甲白斑
爪甲白斑 「そうこうはくはん」と読みます。
ネイルの表面にあらわれる白い点のことです。
これは新しい爪をつくるマトリックス(爪母「そうぼ」と読む)で空気が入ったために起こります。特に問題はありません。爪の成長とともに消えます。
爪甲脱落症
爪甲脱落症 「そうこうだつらくしょう」と読みます。
爪の一部もしくは全体が剥がれ落ちてしまう症状です。
打撲などの外傷で内出血を起こし脱落することもありますし、高熱や薬品が原因のこともあります。
爪甲萎縮症
爪甲萎縮症 「そうこういしゅくしょう」と読みます。
爪の発育不全です。爪のツヤがなくなり、小さくなってしまい剥がれ落ちることもあります。
栄養不足や遺伝的な理由が考えられます。
爪の長さを調節する際は、爪切りではなくエメリーボードで削ります。
爪甲縦裂症
爪甲縦裂症 「そうこうじゅうれつしょう」と読みます。爪の表面に縦の割れ目が入り、中央で裂けてしまう症状です。キューティクルリムーバーやネイルカラーリムーバーの使いすぎによる刺激・乾燥が原因です。このような症状が出た場合にはすぐに使用を中止しましょう。トリートメント剤でケアしてあげましょう。
匙状爪
匙状爪「さじじょうづめ」と読みます。
スプーンねいるとも呼ばれています。その名の通り、スプーンのように爪の中央部分がへこんでしまい、先が反ってしまう症状です。鉄分が不足していることが原因でなることが多いです。
爪鉤湾症
爪鉤湾症 「つめこうわんしょう」と読みます。
爪の表面が分厚くなり、爪先がフックのように内側に湾曲してしまう症状です。ネイルケアやアートはせずに、皮膚科で医師に相談しましょう。
巨爪症
巨爪症 「きょそうしょう」と読みます。
爪の表面の中央部分が肥大化し盛り上がってしまう症状です。原因は遺伝、体内器官の乱れ、感染症などさまざまです。ネイルケアやアートはせずに、内科で医師に相談しましょう。
爪周囲炎
爪周囲炎 「つめしゅういえん」と読みます。
爪の周りの感染症です。爪の根元や指先が赤く腫れたり、炎症を起こします。ささくれをちぎってしまい、そこから細菌がはいってしまったり、爪を噛むことが原因になることが多いです。ネイルケアやアートはせずに、皮膚科で受診しましょう。
翼状爪膜
翼状爪膜 「よくじょうそうまく」と読みます。
キューティクル(甘皮)が成長しすぎてしまい、爪の表面を覆ってしまう症状です。
足の小指などによくみられます。
キューティクルケアしてあげましょう。
卵殻爪
卵殻爪 「らんかくそう」と読みます。
爪が薄くもろくなり、爪先がフックのように内側に湾曲してしまう症状です。過度なダイエット、内臓疾患などが原因で起こります。
ネイルケアをする時は注意しましょう。
爪下出血
爪下出血 「そうかしゅっけつ」と読みます。
ネイルプレートの下にできた血栓のことをいいます。打撲などで外傷により内出血をおこしている状態です。時間の経過と共に自然と消えていきます。

copy